Menu

PHPエンジニアとして活躍するには

PHPエンジニアは、全国のIT企業の間で需要が高まっており、高度なアプリケーションソフトの作成やWeb制作に関するスキルを持つ人については、好条件で働ける状況となっています。PHPエンジニアに必要とされるスキルや実務経験については、各企業の事業方針や主なITサービスの種類などによりますが、数年以上の開発経験を持つ人や、プロジェクトの責任者を務めたことのある人は、様々な現場で重宝される傾向が見られます。

PHPエンジニアとして一人前になるためには、大学や専門学校などで情報工学やプログラミングに関する知識や技術を学ぶだけでなく、IT企業に就職した後に先輩にフォローを受けながら、専門性の高い業務に取り組むことが大事です。業界大手のIT企業の中には、若手のPHPエンジニアを育て上げるために、新卒者や第二新卒者を対象に数年以上にわたる業務研修を実施したり、プログラミングの検定試験の受験に向けたサポートをしたりするところも多くあります。PHPエンジニアとして活躍の場を広げたい場合には、多種多様なITサービスを扱っている企業で一定期間勤務をして得意分野を極めることが大切です。

その他、ベテランのPHPエンジニアは、IT企業に勤務をするだけでなく、客先常駐や自宅開業など様々な働き方を選択することができます。そのため、PHPエンジニア一筋で仕事をしたい場合には、自分自身のライフスタイルやキャリアなどを考慮して、定期的に働き方を見直してみるのも良いでしょう。