Menu

プログラミング言語のPHPを使ってできること

日本においてWeb開発の現場でよく使われているプログラミング言語がPHPです。これはWebアプリケーションを制作する事ができるのが特徴で快適なサイトをユーザーに提供したいときに使います。

具体的にどのようなことができるのかというとSNSやECサイトの開発といったものができるのが特徴です。社内の情報共有システムからグループウェアの制作まで可能なので幅が広いと言えます。非常に簡単にサーバに導入できるのもPHPの利点です。レンタルサーバでもPHPを導入しているところが多く、システム開発の選択肢も広がっています。PHPを使うとサイトの中の一部分をシステム化できるのが特徴です。例えばお問い合わせフォームの設置ができます。

もう1つPHPができるところはすでにPHPを使って作られているサイトをカスタマイズできるところにあると言えるでしょう。またブログ構築ツールのワードプレスやECサイト構築ができるEC-CUBEのカスタマイズも可能なので柔軟性の高さが売りです。基本的にPHPは機能拡張をメインとしたプログラミング言語なので単体ではWebサイトは作れません。WebサイトはPHPの他にCSSやHTMLも使用します。ユーザビリティを考慮したWebサイト作りがメインなので理解しておきましょう。例えば検索機能を追加するといったことやオンライン決済ができるようにすることができるのがPHPの強みです。初心者向けの内容でもあるので覚えやすいのもPHPの魅力と言えます。